ここから本文です

ソフトバンクが運営する「AIエコシステムプログラム」で「ベスト・ソリューション・パートナー・オブ・ザ・イヤー」を受賞

「AIエコシステムプログラム」で受賞した「ベスト・ソリューション・パートナー・オブ・ザ・イヤーのトロフィー

弊社は、2019年5月22日、ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:宮内 謙、以下「ソフトバンク」)が運営する「AIエコシステムプログラム」において、「ベスト・ソリューション・パートナー・オブ・ザ・イヤー」を受賞いたしました。

ソフトバンクが運営する「AIエコシステムプログラム」で「Best Solution Partner Of The Year」を受賞

ソフトバンクの「AIエコシステムプログラム」は、AIの活用を通じて、お客さまに新たな価値と利便性を提供するとともに、パートナー企業のビジネス拡大・創出を目指すプログラムです。「ベスト・ソリューション・パートナー・オブ・ザ・イヤー」は、AIを活用したソリューションサービスの開発・提供において、最も優れたビジネスソリューションを提供されたパートナー企業に贈られるものです。

今回の受賞は、AIお問合せシステムとして「AI-Q mini(アイキュー ミニ)」のリリースにより、多くの法人のお客さまへのAI導入・提案と市場へのAI普及活動の功績が認められたものです。
今後も弊社の強みである医療業界、またそれに限らず多くの業種の企業へAIの活用を推進してまいります。