なぜ、メディカルセミナーを開催するのか?

「なぜ、木村情報技術がダブル改定(診療報酬と介護報酬の同時改定)のセミナーを開催するのですか?」

 弊社の社員がお客様に12月18日開催のメディカルセミナー「診療報酬改定と製薬企業のプロモーションを考える~地域医療の変化が講演会に与える影響とは~」を案内した際に、よく聞かれるそうです。

セミナー詳細はこちら

 講演者の一人として、このご質問にお答えします。

「変化の時代に、お客様に同じことをやり続けさせないため」です。

 2018年度は、診療報酬改定と介護報酬改定の"ダブル改定"、医療計画と介護保険事業計画の見直し、地域医療構想と在宅医療・介護連携推進事業の進展、国保財政の都道府県化、保険者努力支援制度の本格化など、数多くの医療改革が同時に実行されるため"惑星直列"になぞらえられています。

 こうした医療制度の大改革は、病院・診療所や薬局の経営に大きな変化をもたらします。その結果、患者さんの流れが変わります。おそらく、大病院は"働き方改革"への対応も含めて、外来患者を大幅に縮小せざるを得ないでしょう。

 これまでと同じやり方をして、同じような良い結果を獲得し続けるのは、難しくなります。

 このような変化について、ぜひ、お客様と一緒に考えていきたいと思っています。
 『星の王子様』の作者、アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリは、次の名言を残しています。
 「愛とは、互いに見つめ合うことではなく、共に同じ方向を見つめることである」
 12月18日のメディカルセミナーを受講・視聴していただき、弊社の社員とともに同じ方向を見つめて今後の対策・戦略を考える機会をいただけるとうれしいです。

PageTop