インタビュー 渡辺 信幸さん (システム)

私達と一緒に成長しながら、AIの頂上を目指して、
山登りを始めてみませんか?
渡辺 信幸 さん

入社したきっかけを教えてください

渡辺 信幸さん

出身が有明高専で、その後2年間専攻科に在籍、情報系専攻でした。IT企業で開発をやりたいなと考えていたところ、有明高専の恩師が木村情報技術の取締役と知り合いで紹介いただいたのがきっかけです。調べてみたところ勢いがある会社で、新しいことにチャレンジできそうだったので、受けてみることにしました。

面接は1回のみで、面接後に車で駅まで送ってもらったのですが、その車の中で内示をいただきました(笑)。その後、正式に採用通知をいただき、無事に入社となりました。

現在の業務内容を教えてください

Web系のシステム開発の業務に携わっております。最近ではIBM WatsonをはじめとするAIの技術や、音声・画像認識などを組み合わせたWebシステムの開発に取り組んでいます。
現在はチームのリーダーを担当しておりますので、部下の育成、進捗の確認など、チームのマネジメントも行っております。

仕事の魅力を教えてください

開発者としては、自分自身が日々成長できることです。
システム開発をやっていると、実現したいことに対して自分のスキルが足りず妥協を余儀なくされることがあります。理想と現実のスキルのギャップを埋めるために努力をして、出来ることを増やしていきますが、スキルが上がるとさらに1段上のことを実現したくなるので、そのギャップが永遠になくなりません(笑)。頂上が見えない山をずっと登っているようなものですが、これが楽しいと思える人しか開発はできないでしょうね(笑)。

チームリーダーとしては、後輩、部下の成長を見られることです。
チームで役割分担を行い、全員の力を合わせて開発を行うと、一人ではできない大きな成果が得られます。もちろん、課題は次々と生まれますので、問題解決を繰り返して完成に近づけるのですが、それによりメンバーひとりひとりが成長していきます。今は、自分のことよりも、チームのみんながいかに目標を実現できるかを考えています。

苦労したエピソードを教えてください

苦労したことというよりも自分の課題なのですが、自分の考えを正しく相手に伝える力が足りないと感じています。
システム開発を行うにあたっては、お客様の真の課題を解決できるもの、お客様が最も使いやすいものを作り上げることが基本です。それにはプログラミングのスキルだけでなく、お客様が本当に求めているものを聞き出す能力、見つけ出す能力が必要となります。
お客様のニーズを引き出すには、まず自分の意見を正しく伝える必要があります。弊社ができること、考えていることを伝え、その上でお客様のご要望に最大限お応えする。こうしてお客様と打ち合わせを重ねることにより、よりよい製品の完成に近づけていきます。
私は打ち合わせが終わった後で「こう伝えればよかったなぁ」と思うことがよくあります。相手によりよく伝えるためには、事前の準備が必要だと考えています。伝えたい内容をどう表現するか、どう話すかを事前に考えるようにしています。その上で、相手の反応を見ながらその場その場で変えていくようにしています。今はまだ、練習中ですが(笑)。

尊敬できる先輩を教えてください

インフラチームの、梶山リーダーです。仕事に対する姿勢を尊敬しております。どんなに忙しい時でも嫌な顔ひとつせず対応してくれること、誰にでも信頼されるお人柄など、見習いたいところが多々あります。
技術的な部分でのスキルでも尊敬しております。打ち合わせの際や、プレゼン発表後の感想などで、核心をつく指摘をされることが多く、本質を見抜く力、それを相手に伝える力など、いろいろな部分で目標にしたいと思っております。

今後の目標を教えてください

これまで世にないようなサービスを生み出したいと思っています。最近ではIBM Watsonをはじめとする様々なAI技術を取り入れることで、これまでの木村情報技術になかったシステムをお客様へご提案できるようになりました。今後もAIに限らず新しい知識を吸収し、工夫を重ねたり、実験を繰り返したりすることで、人々に喜ばれるような新しいサービスを生み出せるようになりたいと思っています。

私は、将来への投資としてスキルアップに割く時間も必要だと考えています。今は現実としてなかなか難しいのですが、全体の10%でも20%でも割けるようにしていきたいと思っています。
その一環として、システム・サポート部では隔週水曜日の業務終了後、有志のメンバーで集まり「勉強会」を行っています。事前に内容を決めて、アイデア出しの練習や、開発のスキルアップを行っています。こういう場を設けることにより、普段の仕事だったら絶対思いつかないようなアイデアが出てきたりもするので、とても面白くていい刺激になります。

渡辺 信幸さん

趣味を教えてください

登山ですね!
九州にある山を片っ端から登っています。九州にはそんなに高い山はないので、高くても1,000m程度ですね。多い時は週1、2回も登っています。泊まりはせずに、日帰りです。
頂上に登った時の達成感を味わうために登っています。山頂で食べるラーメンが最高なんですよ(笑)!普通の市販されている棒ラーメンですけど、どこの店で食べるよりもうまいです!

どんな人に入社してもらいたいですか?

渡辺 信幸さん

素直な人、可愛げのある人、教えがいのある人、ですね。
こちらからの呼びかけに対して、「はい!」という気持ちの良い返事をしてくれる人がいいですね。
自分で勉強できる人ならば未経験でも大丈夫です。基礎的な能力があるに越したことはないですが、努力次第では半年で開発を任せられるようになっている人もいます。
こちらから教えられることは限られていますので、あとは本人のやる気と意欲次第です。学び続けることは決して楽ではないですが、新しいことをどんどん吸収したいという方にはおすすめの仕事だと思いますね!

渡辺 信幸 プロフィール

所属
システム・サポート部
略歴
2014年4月1日
木村情報技術株式会社 入社
2017年7月
システム・サポート部 AI応用リーダー
主な業務内容
Web系システム開発、IBM Watsonを用いたAIシステム開発、AI応用リーダー

社員インタビューへ戻る