インタビュー 堤 絵利子さん (企画室)

子育てと両立しながら、世にない新しいものを作り出すことができる、木村情報技術で働いてみませんか?堤 絵利子さん

入社したきっかけを教えてください

堤 絵利子さん

木村情報技術を知ったのは、ハローワークの求人を見たのがきっかけでした。約10年前です。「佐賀県でIT企業!?」と驚いたことを覚えています。

もともとパソコンを触るのは好きでした。しかし、ネットサーフィンをしたり、タイピングソフトで文字打ちの練習をしたりする程度のものだったので、IT企業で働くということはまったくイメージができていませんでした。しかし、やりたいことをやりたい。と前職を辞めた私にとって、とてもキラキラした世界に感じました。

「ダメで元々、当たって砕けろ!」と面接を受けましたが、縁があって入社させていただくことになりました。そのことを今でもとても感謝しています。

現在の業務内容を教えてください

企画室で働いています。
私の主な業務は、商品企画と広報を担当しております。
商品企画は、AIの商品開発に携わっています。企画室にはAIサポート事務局の機能も持ち合わせており、弊社のサービスを導入いただいているお客様の元へサポートに伺い、現場の声をヒヤリングし課題を発見する。その問題を解決する方法を、AIを活用した商品開発という形で、スピーディーに具現化することを行っております。
その他ホームページでの情報発信やセミナー展示会の企画などを行っています。

堤 絵利子さん

仕事の魅力を教えてください

企画室の醍醐味は、自分たちで企画したものを、一から作り上げていくことです。企画立案の段階から、調査を進めていき、仕様を決めて、いろいろな部署と打ち合わせながら、商品の形にしていきます。商品ができあがったら、その価格を決めて、営業方法や販促ツールを準備し、いかにして売っていくかを考えます。
役割分担は行いますが、全ての工程でそれぞれの担当者となって、企画の実現に一から十まで関われるということは、なかなか経験できることではありません。自分のアイデアを生かして世の中に貢献していきたいという方にはやりがいがある仕事だと思います。

苦労したエピソードを教えてください

堤 絵利子さん

出産から復帰までの期間ですね。約1年間、産前産後休業と育児休業のお休みをいただきました。その当時、社内で取得したのは私が初めてだったので、それに合わせて規程を整備してもらい、無事に取得できました。
息子も7歳になり、いまでは元気に小学校に通っています。
育児と仕事の両立は大変なことですが、私がやりがいを持って仕事に望むことが私たち家族の幸せにつながると感じています。

今では、毎年1組のペースで社内恋愛カップルが結婚していきます。私が社内結婚一組目でした。結婚しても会社に残りたいと希望をだして、今でも会社で活躍してくれているのは、何より嬉しいことです。

尊敬できる先輩を教えてください

今年で入社10年目になります。
私は、会社が4年目の時に入社しました。その頃から一緒に働いているメンバーは私にとっては、戦友のようなもので、尊敬できる方々です。

今後の目標を教えてください

今後3年以内に、今世にない新しいものを作り出して、世の中に浸透させます。それによって間接的にでも皆さんの暮らしに役立つ価値を提供し、喜んでもらう。これが目標です。

趣味を教えてください

子どもと遊ぶことです。
平日は、帰ったころには、寝ていることが多いので、その分土日はたくさん遊んで、元気をもらいます。

どんな人に入社してもらいたいですか?

素直、元気な人です。
IT企業にいればITの能力なんて嫌でも身につきます。
必要なのは、自分から吸収し、挑戦していく力だと思います。

堤 絵利子 プロフィール

所属
企画室 課長
略歴
2008年9月1日
木村情報技術株式会社 入社
2015年7月
企画室 課長
主な業務内容
企画・マーケティング・広報、社内企画

社員インタビューへ戻る