インタビュー 熊谷 卓哉さん (営業部)

チームの力でひとつのイベントを完成させる。
そんな達成感を味わってみませんか?
熊谷 卓哉さん

入社したきっかけを教えてください

熊谷 卓哉さん

大学時代、アナウンス研究会に所属していました。入ったときにはアナウンサーのような人前に出る仕事に就きたい気持ちがありました。ただ、そこで番組やイベントの制作を重ねていくうちに、制作や段取りなど裏方の面白さに目覚めていきました。一から物事を作り上げていくということ、全て自分の責任でやれるという面白みですね。そこから、イベントの制作ができる会社に入りたいなと思うようになりました。

あと、これは自分で考えた言葉なのですが、
「人とのつながりを大切に、その人にとって最高のパートナーになり、最大限の貢献をする」
大学時代、居酒屋やアパレルなどでアルバイトをしていて、数々の貴重な体験ができました。その中で、人とのつながりって良いものだな。大切にしたいな。という思いが芽生えてきて、こんな形で座右の銘にしています。
木村情報技術の説明会に参加した時、自分がやりたかった仕事はこれだ!まさにビビッ!ときましたね。すぐに応募して、採用してもらえて、今は本当に良かったなと思っています。

現在の業務内容を教えてください

LIVE配信のイベントにおいて、主に機材の操作を担当しています。具体的には、映像や音響に関する機材の操作、画面のスイッチや合成、出演者のマイクや音楽の音量の調整など、多岐にわたります。社内ではオペレーターと呼ばれていて、技術的な部分を任されています。
社内でのいろいろな相談に応えて、機材の準備をしたり、演出を提案したりしています。

仕事の魅力を教えてください

LIVE配信は、出演者だけでなく、関係会社の方、会場の関係者、そして弊社の他部署の方、自分のチームのメンバーなど、いろいろな人の力が集まってイベントが出来上がります。とても自分一人ではできないことが、チームの力ならできる!やれた!完成した!そんな達成感が毎回味わえます。
自分がやるべきことを一人ひとりが役割を果たして、チームで大きな力を発揮できたときの感動は、個人の仕事では味わえない魅力ですね。

苦労したエピソードを教えてください

イベントの会場が、とあるホテルで、自社のスタジオと違ってその場で機材を組む必要がありました。その会場でのやり方がわからず時間がかかってしまって、先輩方に手伝ってもらいました。機材の準備の遅れにより、後々のスケジュールにも遅れが出てしまって、バタバタで準備をするということがありました。自分のふがいなさで皆に迷惑をかけてしまったのが申し訳なかったですね。
わりと早い段階から一人の戦力として数えられていました。嬉しいことですけどその分責任も伴うので、何度も失敗して、いろんな人に迷惑をかけてきました。
まだまだですが、少しずつ謝る回数が減ってきています(笑)。

熊谷 卓哉さん

尊敬できる先輩を教えてください

仕事としても、技術的な面でも、人間的にも、素晴らしい方ばかりです。相談しやすい先輩がたくさんいて日々助けられて、日々感謝しています。全ての先輩を尊敬しているので、一人には決めきれないです(笑)。

今後の目標を教えてください

イベント運営において中核を担う人物、リーダーになりたいです。困ったときは熊谷さんに聞いてみようと言われるような人になる!(笑)。
そのためにはもちろん自分自身の勉強も大事ですけど、一人で勉強しているだけでは駄目だと思います。いろいろな人と接する中で、コミュニケーション取って、経験や失敗を重ねながら、成長していきたいですね。

趣味を教えてください

熊谷 卓哉さん

スポーツ観戦ですね。もともと小中高とやっていた野球や、陸上の長距離を観戦するのが好きです。大学時代、箱根駅伝で山の神と呼ばれた某選手と、学年は違うのですが学部が同じで授業が一緒になることもありました。そんな縁で、自然に観戦するようになりました。
私の幼なじみが箱根駅伝を走りました!その時は、直接沿道まで応援に行きました!走っている姿を見て思わず涙してしまいましたね。見るだけではなくてランニングするなど、体を動かすようには心がけています。

また、仕事で地方に行くことが多いので、そこでしか味わえない料理とお酒をいただけるというのが楽しいです。最近のお気に入りは、札幌と名古屋です。どちらも料理が美味しいです!
あと、ゲームセンターにもよく行きます。いわゆる音ゲーをやります。地方に行くと、東京では出会えない昔の筐体があったりして楽しいです。

なんか、出張で遊んでばかりみたいに思われるかもしれませんが、仕事はきっちりやっています!(笑)。仕事とプライベートをメリハリつけて、どちらも頑張るのがモットーです!

どんな人に入社してもらいたいですか?

弊社では、本当に新しいことがたくさん待っています。好奇心がある人は楽しい環境だと思います。
その他には、チームのことが考えられる人、あいさつがきちんとできる人は良いですね。いわゆる体育会系の人はなじみやすいと思います。もちろん、文化系の人も大歓迎!要は自分次第で誰にでもチャンスがある環境ですから、いろいろな個性ある人をお待ちしております!

熊谷 卓哉 プロフィール

所属
営業部 スタジオ管理
入社年月日
2016年 4月 1日
主な業務内容
スタジオライブ配信の機材オペレーター、機器のセッティング、映像の編集、外部会場案件の機材コーディネート

社員インタビューへ戻る