職場での日常は笑い声で溢れ仕事がはかどります!

業務の内容を教えてください

イベント関係手配全般と機材・サポートの補助に携わっています。

木村情報技術に入社したきっかけを教えてください

私は、コンピューター専門学校のビジネスコースに1年間通っていました。

最短で資格取得し、働きたいと思う人が入るコースで、入学してすぐに「お前たちには時間がないんだぞ!」と先生に言われたのを覚えています(笑)

在学中はひたすら資格取得をしていました。調べてみたら在学中に11個の資格を取得していたんですよ。

就職活動は10月くらいから行う人が多かったです。

学校に来る求人は、他のコースであるSE向けの求人や事務職、アパレル関係の求人が多く、「これだ!」と思う求人になかなか巡り会えませんでした。

地元で働きたかったことと、学校で学んだ経験を活かせる仕事を探していました。

木村情報技術の求人を見つけたのは、学校でハローワークの求人を見ていたときでした。見つけたときには、「おっしゃ見つけた!!」と思いましたね。

早速担任の先生に受けてみたいと希望を伝え、面接に臨みました。

デスクで答える杉山 愛さん

入社してから驚いたことはありますか

社員の皆さんが明るいと思いました。

専門学校に行く以前にも働いていた経験があるのですが、職場の日常に笑い声があることにびっくりしたんです。

業種の違いはあるかもしれませんが、以前の職場は休憩中でも静かだったので余計にそう感じたのかもしれません。

イベント運営の仕事で苦労したエピソードはありますか

うーん。あんまりないですね(しばらく沈黙)。

私はイベント関係での手配の仕事をしているのですが、営業窓口の方と外部業者との間に入って調整をする役割です。

できる限り、営業の要望には対応しようというスタンスで臨んでいますが、仕様上どうしようもない場合があります。

そういうときは、営業の気持ちも分かるし、業者さんもどうしようもない状況だということも分かるので、なんとも言えない気持ちになります。

重要なシーンでは、毅然とした態度で臨むことも大切なのだと、同じ部署の大坪さんをお手本にしています。

腕の見せどころですね
同じ部署にお手本にできる人がいるのは羨ましいですね

そうなんです。大坪さん凄いんです。

イベント運営部はチーム制で仕事をしているのですが、大坪さんは全チーム、イベント全体の手配を把握しています。

仕事も早いですし、何事も上手に調整されていて、私がまだ気がつきもしないようなことを多く学ばせてもらっています。

大坪さんが送信したやり取りのメールは、すべて別フォルダで保存しているんですよ(笑)

私が実際に、メールのやりとりをする際には、そのメールをお手本にメールを作成しています。

良い先輩ですね その他に苦労したことなどはないですか

本当に無いんですよね。

誰がとか、イベント運営部が、とかではなくて、皆さん優しすぎるんです。

ちょっと何かあれば、どうしたの?大丈夫?と気遣ってくれますし、働きやすいです。

なので、今度は自分がこの職場で貢献できるようになりたいです。

笑顔の杉山 愛さん


インタビュー イベント運営 杉山 愛(すぎやま あい)

入社年月日
2014年4月1日
所属
イベント運営部
主な業務内容
イベント関係手配全般、機材・サポート補助

PageTOP