瞬間的な失敗は、次の成長へとつながる

木村情報技術に入社したきっかけを教えてください

紹介です。もともと高校では、情報電子科を専攻し、プログラミングに興味がありました。

紹介自体は身内からの紹介で、いくつか会社の候補もあったのですが、その中でも情報系の企業である、木村情報技術に興味を持ち、紹介をお願いしました。

入社したときは18歳だったんですよね 面接では緊張しましたか

はい。緊張しました。

面接のときは取締役1人だったのですが、自己PRや経歴の紹介くらいしかできませんでした。

18歳というのは当社の最年少記録での入社なのですが
大変なことはありましたか

入社したときは、自分以外の全員が年上の方ばかりで、正直どう接したらよいのかよく分かりませんでしたし、自分から声をかけづらかったです。

しかし、入社した当日からたくさん声をかけてもらったり、食事に行ってご馳走してもらったりと、周りの方々に接してもらったおかげで、すぐに会社に馴染むことができました。

普段の開発ではどのようなことをされていますか

今は、講演会集計システム(タブレット端末を使ったアンケートや質問の投票ができるアプリ)の開発をしています。

基本的に開発は1人で行っていますが、メンバーはその他に2人いて、協力して開発をしています。

その他にも、今まで携わった業務としては、サーバーの環境構築、検証、マニュアルや手順書などの資料作成や、実際に会場でのシステムオペレートなどがあります。

開発言語はどのように習得しましたか

入社してから、実際に実務に携わりながら、言語の習得を行いました。

最初は、苦労したことも多かったですが、1回要領をつかめば、コツがつかめてきて、今では自分で計画立てや、言語を習得することに楽しみもでてきました。

開発をする中で苦労したことはありますか

あるシステムの検証に携わっていたときのことです。

本番運用を繰り返すなかで、システムがうまく動かないことがありました。

事前に仮設を立てて、立てた仮説に対して検証を繰り返し、本番運用に備えるわけですが、オフィスだけで作業をしていると、想像力の不足から検証が十分でないことがありました。

本番時に、原因をプロジェクトメンバーから質問を受けることがあるのですが、その場で答えられないことがありました。

そのことから、事前準備の重要性を再認識しました。

現場に行ってなかったら、気がつかなかったかもしれないですね

そのとおりです。

現場での経験をもとに、帰社してからは、同じ部署の他のチームにも意見をもらって対策を取るなどの改善を行い、システム検証を繰り返しました。

それができたことで、実際に現場でのトラブルも減り、よいシステム運用ができたと思います。

その他にも、現場で担当者として他の社員へ指示をだしたり、段取りを伝えるときに大変だと感じます。

今後のビジョンを教えてください

タブレット端末のアプリ開発に携わったことで、開発の楽しみとやりがいを感じています。

今後もこのような開発に携わり、新規提案ができるような開発をしたいです。

お仕事楽しいですか

今携わっている仕事は新しいことばかりで楽しいです。

アプリ開発はもともとやってみたいことだったので、やりたいことが仕事にできている状態です。

開発は、自分で計画を立てて、コツコツとやることが楽しみでもあります。

先のことで大きなことは言えませんが、後輩ができたら、自分が引っ張っていけるようになりたいですね。


インタビュー システム 末藤 冬馬(すえふじ とうま)

入社年月日
2012年10月15日
所属
システム・サポート部
年齢
20歳
主な業務内容
サーバーの環境構築、アプリ開発、検証作業、マニュアル手順書などの資料作成、システムオペレート
座右の銘
失敗は成功のもと

PageTOP