社員インタビュー

システム
エンジニア職
Tanaka Yuki
田中 優輝
システム開発本部
基礎開発部
課長代理
佐賀本社
田中 優輝/システム開発本部 基礎開発部 課長代理 佐賀本社
主な業務内容

基礎開発部メンバーのスケジュール管理や全体への指示のほか、お客様からいただいたシステムへのご要望を実現に向けて検討する作業などをしています。
また、その他業務で使用できる新たな技術の展開などを行っています。

はじめに

こんにちは!
システム開発本部の志田です。

今回は、基礎開発部の田中優輝さんにインタビューを行いました。
基礎開発部では、お客様から要望のあったシステムの開発や、新しい技術を使用したシステムの検討、他部署の技術支援などを行っています。

そんな部内をまとめる田中さんは、システム開発の現場で、個々人の能力を最大限活用できるように尽力されています。
それでは早速お話を聞いてみましょう!

●●●●●
Q.入社したきっかけを教えてください

もともとは佐賀出身で、そこから東京で7年間、金融関係の会社で働いていました。

その後佐賀に戻りたいと考えるようになり、Web系の仕事に興味を持っていたため、佐賀でIT企業を探していました。
佐賀で有名なIT企業と言えば限られており、その中で木村情報技術を見つけました。

調べてみると社内の行事がたくさんあり、雰囲気の良い会社で、Web系の開発も行っているため、応募させていただきました。

Q.当社の強みについて教えてください

会社の方向性を認識しやすいことと、社長との距離が近いということがありますね。
前職では社長自らが社員へ会社の意向を伝えるという場はあまりありませんでした。

しかし、この会社に入り、朝礼や期初会議(注:年度の初めに会社の意向を役員の方が伝える場)で社長自ら会社がどこに向かおうとしているか話してくださり、自分たち社員がどこに向かおうとしているか意識しやすくなりました。

歓迎会、忘年会などのイベントもあり、そこで社長と話す機会があるというのも良いところですね。

Q.仕事のやりがいや、面白さを教えてください

このシステム、サービスは売ることができるのか考えることです。

基礎開発部は新たな価値を創造するという一つの目的がある通り、新たなシステム、サービスを考え、お客様に売ることができるか考えるのが面白いですね。

お客様からのヒヤリングや、これがあれば良いのではないかというものを見つけ、システム、サービスの具現化を目指しています。

Q.当社で働くとどのようなものを得ることができますか?

自分で考えて行動すること、自分自身で新しい案を発案できることですね。
会社全体として、主体的な行動をし、仕事をしていくことを求めているので自ずと行動できるようになります。

それに、当社のシステム開発ではスクラム(チーム全員が主体的に行動し、開発を進めていく方式)を導入していることもあり、自分で考え行動する力が身につきやすい環境です。

また、アイデアと提案制度という社員がアイデアを提案できる場があったり、若手でもこんな新事業をしたいと声を上げればしっかり向き合ってくれる会社ですね。

Q.仕事の厳しさを教えてください

せっかく作ったのにシステムが売れないこともある、ということですね。
1年間だけ運用されて終わったものもあり、いかに売れ続けるものを作れるかが重要になってきます。

お客様からのヒヤリングをし、実際に使用した肌感を聞くことが大切ですね。

Q.チームの雰囲気を教えてください

基礎開発部の各チームは個性的です(笑)。
皆さん、密にコミュニケーションをとっていて、良かったら褒めたり、たまにふざけたりといったような感じです(笑)。
若手社員の方も馴染みやすい環境だと思います。

Q.今後エンジニアとして挑戦したい事を教えてください

現在は案件ベースで開発を進めているので、最新のトレンドを追っていきたいですね。

売れるか、売れないかを検討したうえで、新しいシステムを開発していきたいです。

Q.趣味や休日の過ごし方について教えてください

子供がいるので休日は公園で子供と一緒に、かくれんぼをしていますね。
「もういいかい」と言って、私が「はーい」と言ったらすぐ後ろにいるという遊びです(笑)

家では、子供と一緒にアニメを見たりして過ごしています。

●●●●●
インタビューを終えて

今回は基礎開発部の仕事内容や、部署内の雰囲気についてお聞きすることが出来ました!
メンバーそれぞれがチームを盛り上げていき開発をするスクラムって楽しそうですね!

田中さん、インタビューにご協力いただきありがとうございました!

エントリーする