ここから本文です

社内に眠るダークデータを資産にスイッチ! 非構造化データを構造化するAIソリューション

アンケートや日報、コールセンターの問合せ記録など、日々収集・蓄積しながら整理も活用もされてないデータは"ダークデータ"と呼ばれており、これからの企業経営には、このダークデータをいかに資産として活用するかが求められています。
AIを用いることで、こうした未整理の情報も見える化して活用することが可能となります。

ai-switch_01

AI-Switchを用いたテキストマイニングで見出せるもの

何時何処何誰

テキスト内の文章を品詞分解して
「いつ・どこで・だれが」を抽出

ポジネガ分析

テキスト内の文脈を元に
ポジティブ/ネガティブを判別

意味分析

テキスト内の文脈や品詞を分析して
意味的に類似する文章を抽出

ポジショニングマップ

テキスト分析の結果を視覚化した
ポジショニングマップを生成

導入シーン・活用事例

アンケートのフリーアンサー

複数のセミナーなどで採取したアンケートの自由記述欄に記載された内容を、「良かった・悪かった」など傾向ごとに分類整理。
顧客への応対品質や次回からのサービスの向上などに活用!

ai-switch_06

日報・週報の自由記入欄

日々の日報に記入された記録から社内の問題点や課題を抽出するほか、パフォーマンスの高い社員と一般の社員との違いまで分析。
業務の効率化や顧客との話題作り、人事考課などに活用!

ai-switch_07

コールセンターのお問合せ記録

同じような内容のお問合せを自動で分類し、日本語としては異なるものの意味が同じ内容のものをひとまとめにして整理。
よくある質問に対する対応の強化や、顧客からの要望に対する優先順位の把握などに活用!

ai-switch_08