ここから本文です

IBM Watson日本語版を活用した医療分野における情報システムの構築

IBM Watsonイメージ画像

木村情報技術はWatsonを活用した情報提供システムを構築してまいります。
Watsonは、人との質疑応答を繰り返すことによって、Watsonが仮説を立てて自己学習し、回答の精度を高めていくという特長を持っています。木村情報技術は、Watsonを活用し、無限の可能性を秘めるAIを駆使した新規事業開発を行います。
新規事業開発の第1弾として、社内お問合わせシステム「AI-Q」の先行パートナー様への導入を開始いたします。
詳しくはこちらからご確認ください。

AI-Q詳細はこちら

AIを医療分野で活用した事業例

提供可能なサービス

AI 24時間お問合せ受付サービス

お客さまサポートセンターや社内向けのサポートセンターなどのコールセンターのオペレーターに代わって、膨大な過去データをもとに学習したWatsonが一次回答を行います。Watsonが回答することにより、24時間いつでも問い合わせを受付け、回答を行うことができます。
サポートセンターの効率化はもちろん、データの蓄積による問い合わせ対応の向上が見込めます。

このようなシーンでのご利用を想定しています。

お問い合わせ・デモの申込みはこちら

AI 社内教育支援システム

Watsonが学習者の理解状況から、場所やシーンに合わせた適切な学習方法を瞬時に判定し、学習者に合わせた最適な学習プログラムを提供します。
さらにWatsonは、毎日の学習データをもとに、ディープラーニングを行い、適合化し続けていきます。

お問い合わせ・デモの申込みはこちら

製薬企業 コールセンター支援システム

コールセンターのオペレーター支援システムとして、Watsonを導入することで回答精度が高まり、回答時間の短縮が見込めます。日々の問い合わせデータからWatsonが学習し、より精度の高い回答を行うべく進化し続けます。
蓄積した学習データをもとに、将来的にはWatsonが直接ユーザーからの質問に回答します。

コールセンター支援システムイメージ

このようなシーンでのご利用を想定しています。

お問い合わせ・デモの申込みはこちら

その他にも以下のサービスについて構築中

  • AI医療情報提供サービス『KIT-Medical Information』
  • 安全性情報報告書作成サポートシステム
  • 医師・薬剤師・看護師 教育システム
  • オウンドメディア用AIコンテンツ搭載
  • 画像診断支援ツール、画像診断教育システム
  • 創薬研究支援

「IBM Watson 日本語版」パートナーシップ契約後の取組み

2016年1月 ソフトバンク株式会社と「IBM Watson 日本語版」パートナーシップ契約を締結

下向き矢印

2016年4月 AI研究開発拠点「AI応用開発センター」開設、人員配置
日本アイ・ビー・エム株式会社とパートナーシップ契約を締結 本格的技術支援開始

下向き矢印

2016年5月 IBMWatsonSummit2016 登壇

下向き矢印

2016年6月 各種AIシステム デモ版完成

下向き矢印

2016年7月 SoftBankWorld2016 登壇

下向き矢印

2016年11月 社内お問い合わせシステムAI-Qベータ版リリース

下向き矢印

2017年4月 社内お問い合わせシステムAI-Q正式リリース(予定)

お問い合わせはこちら