ここから本文です

ニューノーマルへの対応を目指す中小企業のための営業活動支援事業

昨今の事情を踏まえると、企業活動のオンライン化は必須です。しかし企業活動のオンライン化はハードルが高いといった現状があります。そこで、ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金を活用した「業界専門紙と連携した画期的な集客システムと、ICT・AIを駆使した新時代のオンラインコミュニケーションによる、ものづくり中小企業を対象とした販路開拓支援プログラムの提供」に着手しました。

詳細資料はこちら

これにより、非対面で行えるビジネスマッチングポータルサイトを構築し自律的なオンライン営業スタイルの確立を支援します。

中小企業基盤整備機構の調査によると、約80%の中小企業でコロナショックによる業績への悪影響が示され、多くの企業がその出口を探してもがき苦しんでいる姿が浮き彫りになりました。リモートワークの普及、ソーシャルディスタンス、イベントや展示会等の自粛など、ビジネスの現場におけるコミュニケーションのあり方は大きく変化し、中小企業においても大胆なデジタルトランスフォーメーションが求められています。

しかし中小企業の経営者たちにとってそれは決して容易なことではありません。彼らにとって今必要なのはデジタルトランスフォーメーションへの「きっかけ」であり、それを実戦で学びながら同時に収益にもつなげていける「ステージ」です。今回の支援事業を通して、私たちはまさにそれを提供したいと考えています。

このような大きな補助金事業を任されることになり大変光栄です。
これを機に、コロナショックにあえぐ中小企業の営業活動を当社が有するICT・AI技術で支え続けることで、日本経済全体の復活とさらなる発展に貢献していく所存です。早くコロナが終息し、日本経済、世界経済が活性化され、皆さまの生活が豊かになることを心より願っております。

木村情報技術株式会社 代表取締役 木村隆夫