ここから本文です

京都薬科大学にAIによる学生支援サービスの試験提供を開始

木村情報技術株式会社(佐賀県佐賀市、代表取締役 木村隆夫、以下「木村情報技術」)は、京都薬科大学(京都府京都市、大学長 後藤 直正)に、AIが学生からの問合せに自動で応答するAIお問合せシステム「AI-Q」(アイキュー)の試験提供を開始しましたのでお知らせします。

京都薬科大学AIお問合せシステム【アイキュー】

京都薬科大学では、学生は過密なカリキュラムや早期から始まる研究活動をこなしながら、5年次には学外での実務実習に参加、最終的に薬剤師国家試験の合格を目指すことから、複雑化する学生たちの手続きや疑問などに対していかに支援を行うかが課題となっていました。
こうした現状を解決するため、2019年5月から学内の問合せ業務に対するAIチャットボットの活用を木村情報技術と協議・検討し、PoC(概念実証)で導入効果を検証することを目的に、AIチャットボットの試験的運用を決定しました。試験運用期間は2019年10月から12月までの3カ月間で、この間に学生からの問合せやフィードバックの情報を蓄積します。

京都薬科大学生用のAI-Q使用イメージ

木村情報技術について

木村情報技術は2016年4月より、人工知能ビジネスに本格参入。同年11月に、AIお問合せシステム「AI-Q(アイキュー)」の販売を開始しました。

京都薬科大学について

京都薬科大学は、6年制薬学部を有する単科大学であり、135年の歴史を誇る日本で最も古い薬学教育研究機関のひとつです。高度な専門能力と研究能力を有した薬剤師「ファーマシスト・サイエンティスト」を育成、これまでに輩出した22,000人を超える卒業生は、製薬企業、医療機関、学術界、および行政機関などで活躍しています。
2018年には「社会を動かす薬学へ。」を新たなブランド・ビジョンに掲げ、薬学の枠を超えて広く社会に貢献できる人材の育成をすすめています。

本件に関するお問合せ先

■木村情報技術株式会社 AI運営部 吉永
TEL:0952-97-6100 FAX:0952-31-3919
E-mail:toi@k-idea.jp
〒849-0933 佐賀市卸本町6-1 
尚、本資料は、新聞社、Web配信業者等に配布しております。