ここから本文です

星薬科大学と弊社の共同研究に関するプレスリリースが発表されました

薬剤師等へのe-Learning提供により本格的セルフメディケーションの実現へ―星薬科大学と木村情報技術株式会社が共同研究―

星薬科大学(東京都品川区、学長田中隆治)と木村情報技術株式会社(佐賀県佐賀市、代表取締役木村隆夫)は、今般「機能性食品等に関わる学習カリキュラム およびコンテンツ開発」に関する共同研究契約を締結し、薬剤師、登録販売者、栄養士等(以下薬剤師等)が健康食品等の成分データを効果的、効率的に学習することのできるカリキュラムおよびe-Learningに対応可能なコンテンツの開発を進めていくこととしました。

本共同研究の概念図

背景と目的

本格的な高齢化社会の到来を迎え、2015年4月には「機能性表示食品」制度が開始され、消費者のセルフケア全般に対する関心は高まっています。しかし、いわゆる健康食品ブームの中で、ともすると誤った情報や世の中の評判にのみ左右されてしまう危険性をはらんでおり、適切な情報提供が必要です。

一方、消費者に接して情報を提供することが期待される主体としては薬剤師等が想定されますが、これらの主体とて機能性食品等について適切な成分データや、具体的な製品情報についての情報を十分に提供しているとは言いがたく、適切な仕組みの構築が求められます。

本共同研究においては、教育理念として「親切第一」を掲げ、永年に渡り薬剤師教育を実施してきた星薬科大学と主に医療関係者向けのWeb講演会配信サービス、e-Learningに実績のある木村情報技術株式会社とが連携協力します。このことによって、薬剤師等が健康食品等の成分データを効果的、効率的に学習することのできるカリキュラムおよびe-Learningに対応可能なコンテンツの開発をすることを目的とします。

事業内容

星薬科大学と木村情報技術株式会社との産学連携により、以下の内容を実施します。なお、共同研究成果は薬剤師等向け機能性食品等学習ポータルサイトである「セルフメディケーション.com(現在は未公開)」に反映する予定です。

  1. 薬剤師等が機能性食品等に関する科学的エビデンスを効果的、効率的に学習できるカリキュラムの開発
  2. 上記カリキュラムに基づいた学習コンテンツの開発
  3. e-Learningを実施するためのシステム環境の検討と構築

今後の概略スケジュール

2016年3月末
共同研究の成果物として、機能性食品等学習ポータルサイトの学習カリキュラム、同学習コンテンツ、同ポータルサイトサービス、システムなどの決定。
2016年夏頃(予定)
共同研究成果として、機能性食品等学習ポータルサイトである「セルフメディケーション.com」を開設(予定)。

本件に関するお問い合わせ先

星薬科大学 イノベーションセンター長 亀井淳三
〒142-8501 東京都品川区荏原2-4-41
TEL:03-5498-5030
E-mail:kamei@hoshi.ac.jp